ターゲット年代の割合が多い住宅への限定配布による成功事例!

業種
グルメ・ドリンク(レストラン・食品・スイーツ・ワイン・日本酒)

お客様からのご相談内容

飲食の通販専門で、ウェブからの集客メインで行っておられましたが、CPAが変わらない費用あたりで獲得できればと考えられておられました。WEBと紙媒体から集客できて、CPAがあえばOKとのことでした。40歳から50歳あたりに訴求したいとのことで、ご相談いただきました。

  • ご提案

    マンションの密集エリアで東京23区・横浜市・川崎市あたり、築10年以上経過している、駅近ファミリーマンションと類似スペックの賃貸マンションにすることで、ターゲット年代の割合が多い住宅へ限定しました。顧客層の消費意欲も考慮し、平均価格3500万以上、平均面積50㎡以上に住まいの中年以上狙い。類似の賃貸マンションは効果測定のため、平均面積を合わせています。

    実施プラン

    • 分譲マンション:10,000部
    • 賃貸マンション:10,000部
    • 戸建:10,000部
  • 結果

    効果測定の結果、持家のせいか戸建と分譲マンションの反響が高く、反響率は0.97%と好結果に。集客しやすい属性が確認できたので、エリアを大きく広げ、網羅性を高め、年間販促計画も立てやすくなり、攻めの広告展開が可能となりました。
    集客率は0.85% を達成しています。

  • まとめ

    中年以上などターゲットの年代が分かっていると、顧客層が分類できるので、マーケターとしては非常に助かります。無駄を省くことでことで効率よくアプローチできますので、お客様の情報が成功の鍵となります。

  • お客様の声

    主婦層が圧倒的に多い自社の顧客情報のヒントから、効果測定できるようファミリー向け住宅のみへ直接配布頂けたおかげで、結果が良かったので社内でも報告しやすかったです。やはり無駄打ちを無くした宣伝方法でしたので、費用対効果もよく効率の向上になりました。

事例一覧